May 20, 2021

タイムスタンプを使ってポッドキャストのお気に入りのシーンをシェアしよう

クリエイターもリスナーも、ポッドキャストの特定のシーンをリンクで簡単に紹介できます。「このエピソードの何分何秒のところを探して」とわざわざ伝える必要はもうありません。

リスナーごとに心に響く瞬間がそれぞれあること。これはポッドキャストをパワフルなメディアにしている要因の1つです。リスナーは、心打たれた瞬間、爆笑必至のシーン、感動した言葉、衝撃的過ぎて誰かに伝えずにはいられない情報など、「これはシェアしなければ」と思うセグメントやシーンに出会います。また、クリエイターは、自分の番組を細かく分析して、魅力的なワンシーンや、内容が伝わるワンシーンをリスナーに紹介できれば大きなメリットとなるはずです。今までは、ポッドキャストのワンシーンをシェアしたければ、そのポッドキャスト全体をシェアして、「何分何秒のところを聴いて」と事細かに相手に伝える必要がありました。でも、Spotifyに新しく登場したポッドキャストのタイムスタンプ機能を使えば、伝えたい瞬間をリンクで簡単にシェアできます。


タイムスタンプを使ってシェアすることで、クリエイターはより効果的に自分のエピソードを宣伝できますし、ファンもより簡単にお気に入りの瞬間をシェアできます。使い方について詳しくは、この記事の続きをご覧ください。


クリエイターがオーディエンスを増やすには:注目のワンシーンをリスナーに宣伝する


エピソードの特定のシーンをリスナーにシェアできるようなったということは、注目のワンシーンを集めてソーシャルメディアで宣伝することもできるということです。つまり、今いるファンや新しいリスナーに、あなたの最新エピソードや傑作エピソードを再生してもらえるチャンスが増えるということです。さらに、エピソード中の印象的なシーンや瞬間をすぐに楽しめるようにすることで、リスナーやファンが定着しやすくなります。また、ファンはエピソード全体ではなく、気になるワンシーンだけをタイムスタンプのリンクで簡単にほかの人にシェアできるため、拡散しやすくなりソーシャルメディアでの宣伝効果を期待できます。 


具体的な活用例をいくつかご紹介します。


  • タイムスタンプと引用カードを組み合わせ、特定のディスカッションや対話の一部だけを紹介してリスナーの興味をそそる


  • 確実にリスナーの興味を引くタイムリーなトピックに焦点を当てて特定のエピソードを宣伝し、結果的にエピソード全体を聴いてもらえるようにする 


  • ゲストの登場シーンを宣伝してゲストのファンを集め、クロスプロモーションをシンプルにして、ゲストのファンにその貴重な瞬間をシェアする


タイムスタンプを使うことで、手間をかけず簡単にコンテンツをシェアでき、新しいリスナーはコンテンツにアクセスしやすくなります。また、クリエイターもリスナーもさらに優れたポッドキャスト体験を楽しむことができるようになります。  


ファンの拡大:リスナーに気に入った瞬間をシェアしてもらう。しかも簡単に 


「リアルタイムで番組の特定のセグメントをシェアしたい」というリスナーの声に応えて、ついに数回のタップでセグメントをシェアできるようになりました。これまでは、まずシェアする相手にエピソード全体を送信して、「何分何秒のところから再生して」とお願いしなければなりませんでした。聴いてほしいシーンがいくつもある場合は、さらに厄介なお願いです。


それが今では、クリエイターもリスナーもスイッチを切り替えるだけで簡単にシェアできます。


タイムスタンプを使いこなす


新着エピソードを数分で効果的に宣伝したい場合、クリエイターはSpotify for Podcastersでカスタムのプロモーションカードを生成することもできます。1番最近公開したコンテンツには、カードに「新着エピソード」のラベルが表示されます。ファンに気に入ってもらえそうなシーンにタイムスタンプを合わせてリンクを生成し、ユーモアあふれるキャッチコピーと一緒にソーシャルメディアで宣伝しましょう。 


番組内で、楽しくタイムスタンプを紹介してみてください。リスナーに、友達に送りたいセグメントや対話シーンがあったときは、「Spotifyで特定のタイムスタンプを使ってシェアできる」こと、そして「もうエピソード全体から探し出す苦労をしなくていい」ことを伝えてください。「音楽 + トーク」のクリエイターの皆さんなら、「探し出す苦労がない」ことを気の利いたBGMにのせてアピールできるかもしれません。

さらに詳しく:シェア