2020年8月

Spotifyの新しいポッドキャストチャートで見つけてもらおう

信頼できるデータに基づいたSpotifyの新しいポッドキャストチャートでは、リスナーがあなたの番組をより簡単に見つけられるようになります。

本日から、Spotifyでは新しいポッドキャストチャートの提供が始まります。このチャートを見ることで、リスナーは最も人気のある番組やトレンドを確実に見つけられます。このチャートにはこれまで以上に多くのポッドキャストが取り上げられ、さまざまな国やカテゴリーの番組が表示されます。実績を持つクリエイターも新進のクリエイターも、自分の番組を新しいオーディエンスに知ってもらいやすくなるはずです。

AnchorはSpotifyグループの一員であるため、新しいチャートを導入するとともに、これらを使ってどのように番組を成長させられるか紹介したいと考えました。これらのチャートでは、質の高い作品を評価し、データ操作を減らすよう工夫されたランキングを通して、さらに幅広い種類のポッドキャストを紹介しています。すべてのポッドキャスターにとって、熱烈な新しいファンを獲得するチャンスが増えるということです。

新しいチャートをのぞいてみよう

投稿用の画像

トップポッドキャスト」は、総合的に最も人気のあるポッドキャストを取り上げます。このチャートでは、最近のオーディエンス規模を総合的に判断し、最もリスナーを集めた番組を正確に表示しています。

投稿用の画像

急上昇ポッドキャスト」では、その時々の人気の移り変わりに注目し、最新のリスニング傾向や新進気鋭のポッドキャストを見極めています。このチャートでは、オーディエンス規模の増加に着目し、話題となっている瞬間を捉えています。

投稿用の画像

リスナーがお気に入りの番組を簡単に見つけられるよう、「トップポッドキャスト」と「急上昇ポッドキャスト」はどちらも国別に対応しています。世界中のリスナーが自分の国や地域、あるいはそれ以外の地域にある最高のコンテンツと出会えるため、現地で親しまれているポッドキャストがますます多くの人に広がっていきます。

投稿用の画像

一部地域のポッドキャストは幅広いカテゴリーにわたって表示されるため、リスナーは自分が最も関心のあるトピックに合わせて番組を見つけることができます。カテゴリーチャートも同様に、国別に並び替えることができます。つまり、番組を見つける際の選択肢が増え、自分の番組を最適なリスナーに届けるチャンスも増えるということです。

このチャートでは、全体的なオーディエンスの規模と長期間のトレンドを測定する独自のランキングアルゴリズムを使用しており、ポッドキャストの状況を総合的に、正確に捉えることができます。Spotifyのランキングは、不正を減らし、質の高いコンテンツを評価できるように工夫されているため、ポッドキャスターは再調査を依頼する時間を減らし、制作時間を増やすことができます。システムが悪用されるのを心配する必要もありません。

このチャートは、ポッドキャスターをクリエイティブにも経済的にも第一に考える業界を目指す、その第一歩となります。番組を発見しやすくすることにより、収益化可能なインプレッション数が増え、見込み広告主に売り込みしやすくなるため、収入とストリーミング数を拡大できます。Spotifyが目指すのは、さまざまな国やカテゴリーで幅広い番組を表示することで、すべてのポッドキャスターが自分の作品を通して気軽に収入を得られるようにすることです。

チャートの上位に入るためのヒント

あなたのポッドキャストが新しいSpotifyチャートの上位に食い込めるよう、できることをいくつかご紹介します。

  1. ソーシャルメディアや他のポッドキャスターとのクロスプロモーションなど、さまざまなチャンネルで新しいエピソードのプロモーションを続けます。
  2. 自分のSpotifyリスナーのエピソードのリテンション状況や属性の統計データを含むAnchorの分析機能に注目して、自分のポッドキャストがリスナーにどれくらいマッチしているかを検討します。必要に応じて調整して、コンテンツとプロモーション戦術を最適化します。
  3. 自分のポッドキャストが正しいカテゴリに表示されていることを確認し、同じ番組のトピックに興味を持っているリスナーがチャートを閲覧する際、簡単にあなたの番組を見つけられるようにします。
  4. Spotifyであなたのポッドキャストを聞く人が多いほど、チャートに入るチャンスが高くなります。そこで、あなたの番組をプロモーションするときはSpotifyで聴くように促し、Spotifyにリンクするようにします。

Spotifyアプリ開いて、さっそく新しいチャートをチェックしましょう!それからAnchorの分析機能を確認し、自分のパフォーマンスを追跡して番組を成長させましょう。

さらに詳しく:成長