2022年9月22日

ポッドキャストのオーディエンスを増やす方法の1つは、より幅広いリスナー層に聴きたいと思われる番組を制作することです。 

これは簡単なようで、難しい課題です。新しいファンを獲得するためにトピックの内容を広げると、ニッチなコンテンツを好む熱心なリスナーは、あなたの番組に以前ほど興味を持たなくなるかもしれません。

それで、別の方法を取り入れてみましょう。海外のリスナーを惹きつける番組を制作して、あなたの情熱に共鳴する世界中の人に番組を聴いてもらうのです。ポッドキャストは、世界中の人との国境を越えたコミュニケーションツールです。この強みを活かしましょう。

そのために欠かせないのは、フォロワーをグローバルに増やすのに適した場所や方法を知ることです。国外のオーディエンスにアプローチするのは、簡単なことではありません。ポッドキャストの分析データをヒントに、ターゲットとする場所や戦術を決定すれば、最も効率的に結果を出すことができます。

ターゲットの国を絞る

ポッドキャストの世界進出の第一歩は、番組の人気がすぐに高まりそうな国々を見定めることです。

まずは、Anchorの地理データをチェックしてみましょう。[ダッシュボード] から [オーディエンス] の [地域] を開いて、リスナーがどこから番組を聴いているかを確認できます。

Anchorの地域分析ダッシュボードのスクリーンショット
Anchorの分析機能では、国別にオーディエンスを分類できます。

たとえば、今まで特に意識していなかったとしても、ドイツのリスナー層をすでに獲得していたことに気づくかもしれません。その場合、ターゲットをドイツに設定して、より少ないアウトリーチでオーディエンスを育てられるでしょう。

データの範囲をある時点のみに限定せず、時系列の変化も観察しましょう。分析データを月ごとまたは四半期ごとにチェックすれば、新規リスナー増加の見込みが少ない地域を特定したり、最近のオーディエンスの傾向をいち早く察知したりできます。

例として、先月のオーディエンスの1%がドイツのリスナーだったとします。今月はその割合が2%に、来月は3%にまで増えるかもしれません。たった3%の数字そのものに注目すると、けっして大きな数値ではありません。それでも、その変化の傾向に目を向けるなら、なんらかの要素がドイツのリスナーを惹きつけていることがわかります。

Anchorダッシュボード以外からも、新規オーディエンスの手がかりを探せます。

地域情報が含まれたレビューやソーシャルメディアのコメントを読みましょう。ソーシャルメディアの分析データを調査すれば、フォロワーがどこに住んでいるのかがわかります。ポッドキャストのウェブサイトを開設してある場合、Googleアナリティクスを使って、サイトへのアクセスがどの地域からのものかを調べられます。ウェブサイトにアクセスしている人たちは、番組のリスナーかもしれません。

リスナーに直接質問するのもよい方法です。AnchorのQ&Aと投票機能を使って、リスナーがどの地域に住んでいるかを尋ねられます。あなたのポッドキャストを知ったきっかけや、お気に入りのセグメントを回答してもらえば、より多くの情報を得られるでしょう。同じ方法をTwitterでも試してみましょう。あなたのポッドキャストをどこで知ったのか、その地域の言語で質問すれば、回答を絞り込めます。 

ぴったりのプラットフォームを使う

ポッドキャストそのものは世界共通のコンテンツですが、番組を再生するプラットフォームはそれぞれのリスナーで異なります。さまざまな国や大陸のリスナーにポッドキャストを届けるのに最適なプラットフォームを選びましょう。海外からの新規オーディエンスを獲得するために、彼らが使っているプラットフォームにあなたの番組を配信してください。

Anchorの分析機能では、あなたのオーディエンスが最も多く使用しているプラットフォームやデバイスを把握できます。

これにより、番組の現在のベースラインを把握できます。海外のフォロワーが、あなたの番組のエピソードをどのプラットフォームで発見したのか、少し掘り下げて調べてみましょう。たとえば、ドイツのリスナーが一気に増えたタイミングを見つけるかもしれません。同時期に、Spotifyからのリスナーの割合も増えていたとします。この相互関係を読み取ると、ドイツからの新しいオーディエンスをSpotifyのチャンネルで獲得したことがわかります。

Googleで簡単に調査してみることもできます。「[国名] で一番人気のポッドキャストプラットフォーム」と検索すると、その国で最も人気のあるプラットフォームに関するいくつかの統計が見つかるはずです。 

世界中のオーディエンスの心をつかむコンテンツを制作する

ニッチなトピックは、特定のオーディエンスに強く働きかけるため、ポッドキャストにぴったりです。新しい地域のファンにアプローチする場合も、同じことが言えます。特定のリスナーの心をつかむコンテンツ制作を心がけましょう。

まずは、Anchorのダッシュボードから、一番人気のあるエピソードをチェックします。

Anchorのトップエピソード画面のスクリーンショット
エピソードごとのオーディエンス数を参考に、現在のオーディエンスが好むトピックを探ります。海外のオーディエンスがそのトピックを受け入れやすいかどうか、よく確かめてください。

あなたと異なる文化を持つリスナーにとって理解しにくい内容が含まれていないかどうか、人気のエピソードをよく掘り下げましょう。

たとえば、旬の話題を、自分の地元の人しか共感できない仕方で取り上げていないかどうかに注意しましょう。最近の暑さについて、6月にリリースされるエピソードで長々と語っても、オーストラリアに住むリスナーにはピンとこないでしょう。

また、地元ならでは用語を使って海外のファンを置いてけぼりにしないよう気をつけます。口語表現の使用は可能な限り避けるか、少なくとも意味を説明するようにしましょう。

新規リスナーが番組になじめるよう、1つか2つのエピソードのゲストとして、ターゲットとする地域にまつわる人物を選びましょう。そうすることで、あなたのポッドキャストがその地域のオーディエンスを対象としていることを示せます。ゲストには、あなたの番組についてフォロワーにシェアしてもらうように頼みましょう。それだけではなく、ターゲットとする地域に特有の文化について、ゲストに教えてもらえるかもしれません。

別の地域からの新規リスナーが増えてきたら、番組の内容をそのリスナーたちの母語で翻訳することができるかもしれません。ビデオバージョンや文字起こし機能のある番組では、字幕を提供できます。エピソードをテキスト変換すれば、検索エンジン最適化の対策にもなるので、一石二鳥です。

さらに、あなたがリーチしたい地域の経験談やニュースを番組で取り上げるのもよい方法です。2020年のEdison Researchの調査によると、調査対象となったラテン系リスナーの47%が、再生するポッドキャストには、自分の出身国の話題が欠かせないと回答しています。Googleアラートを使えば、チェックしたい地域の話題が自分の受信トレイに送信されるように設定できます。

海外のリスナーが、あなたの番組のトピックについて具体的にどんなことを聴きたがっているか思いつかない場合、現地で制作されたポッドキャストを聴いてみてください。新しいエピソードのアイデアを思いつくきっかけにもなるかもしれません。たとえば、ディスカッションの方法が2つの文化圏で異なっていることに気づけば、その違いを自分の番組で取り上げられます。前半で紹介した人気のプラットフォームの検索方法と同じように、Googleで「[国名] で最も人気の [トピック]」と検索してみることで、あなたの得意分野のなかで注目度の高い話題を知ることができます。

活気ある都市を選んで、自分のマーケットにする

1つの国全体に向けたポッドキャストを制作するには、お金と時間がかかります。それで、マーケティングのターゲットを、あなたが配信するコンテンツの内容に共感しそうな人が多く住む都市や地域に限定してみましょう。

まずは、Anchorの分析機能で、ターゲットにする地域内でリスナー数が多いスポットを探してください。[地域] からチェックしたい国をクリックすると、その国のリスナーの内訳が、都市や地域別に表示されます。

Anchorの地域分析ダッシュボード (都市の内訳) のスクリーンショット
ターゲットの国で一番リスナー数の多い都市を把握することで、その国に適したマーケティングオプションを選ぶことができます。

あなたがファッションの歴史を語るポッドキャストを配信していて、ドイツに住むフォロワーについて調べたいとします。現在のオーディエンスのうち、ドイツのリスナーの半数がデュッセルドルフ (ドイツのファッションの中心地) に住んでいることを読み取れたなら、番組の人気を育てるために、その都市を狙ってアプローチすればよいことがわかります。

これで、デュッセルドルフのソーシャルメディアのプラットフォームで、ローカライズされた広告を配信できます。あまり都会的でない地域よりも、より効果が出やすいといえるでしょう。ソーシャルメディアで計画的に投稿するようにします。地元のマーケットで有効なハッシュタグ (例:#Dusseldorfcouture) を探しましょう。また、ロイヤリティの高いフォロワーを持つ地元のインフルエンサーとつながって、番組をフォロワーにシェアしてもらえます。

その都市で活動するポッドキャスターを探して、コラボレーションすることもできます。自分のトピックに近い内容を配信しているポッドキャスターを探しましょう。今回の例では、ポップカルチャー的なファッションなどについてです。それから、番組の宣伝やソーシャルメディアでのメンション、ゲスト出演を活用して、お互いに助け合えます。

ソーシャルプルーフの力を活用しましょう。先ほどの例に戻ると、ドイツの新規リスナーに、ソーシャルメディアの投稿にコメントしたり、レビューを残したりするようお願いできます。新しいオーディエンスの構築には、そのような口コミや評判がとても効果的です。

定期的なデータ分析で、グローバルなオーディエンスを育てる

オーディエンスの増加傾向は、常に変化します。気づかないうちに、意外な場所からの新規リスナーが増えているかもしれません。あるエピソードがなぜかほかのエピソードより高い人気を得ることもあれば、思わぬ理由でファンの関心が衰えることもあります。

ポッドキャストの分析データを定期的にチェックすれば、あなたの番組を聴いたり、ほかの人にシェアしたりしているリスナー層の変動について、最新情報を把握できます。週ごとまたは月ごとに時間を取り分けて、あなたのポッドキャストに関するインサイトをつかみましょう。そこから得られる情報は、今のファンに愛され続ける番組を配信しながら、海外の新規リスナーにも働きかけるためのヒントになるはずです。