2019年11月8日

最高のポッドキャストトレーラーを作る方法

Anchor Trailersを使えば、最高のポッドキャストトレーラーをこれまで以上に簡単に作成できます。その方法を見てみましょう。

ポッドキャストのトレーラーを録音すると、番組を見つけてもらえる可能性が高まるほか、プレビューを見せることで新規のリスナーを引き付けるチャンスとなります。


ポッドキャストのトレーラーを作成する際は、以下の点に留意しましょう。

1分未満に収める

トレーラーはエレベーターピッチのようなものです。オーディエンスの関心を瞬時に集め、もっと聴いてみたいと思わせるチャンスです。まずは言いたいことを1分未満に収めるようにし、自分の番組のメッセージをできるだけ簡潔にまとめてください。

自己紹介する。

自分の経歴、ポッドキャストで担当している役割、この番組を作ろうと思ったきっかけを紹介しましょう。自分が詳しいトピックがあれば、それも紹介できます。トレーラーは、自分の情熱や個性を伝えることで自分のストーリーを紹介し、新規リスナーを引き付けるチャンスです。

番組を紹介する。

次に、ポッドキャストの概要を簡単に説明しましょう。これにより、フル尺のエピソードがどのようなものか、リスナーが想像しやすくなります。毎週配信するインタビュー番組ですか。それともトゥルークライムをテーマにした番組ですか。前半は星占いで、後半はリスナーからの質問に答えるコーナーでしょうか。形式がどうであれ、番組のカテゴリーを事前に紹介しておくと、リスナーの参考になるほか、ポッドキャストプラットフォームのアプリやメール、ソーシャルアカウント、マーケティング資料でも番組が取り上げられやすくなります。そして肝心な点ですが、番組のタイトルを言うのを忘れないでください。

トレーラーは自分のポッドキャストの短縮版

普段のフル尺のポッドキャストエピソードで流す内容をすべて含めながら、それを1分に凝縮してみてください。ポッドキャストのエピソードが毎回同じオープニングテーマで始まる場合は、それもトレーラーに含めてください。共同ホストといつも冗談を言い合っているなら、そのやり取りを組み込み、生き生きとした雰囲気をトレーラーで伝えてください。まだポッドキャストを始めたばかりであれば、バックグラウンドミュージックや構成要素、番組のトーンなどがはっきり決まっていないかもしれません。それでも大丈夫です。トレーラーの作成が、今後のエピソードでも使っていきたいサウンドや要素を探したり考えたりするきっかけになります。

自分の強みを売り込む。

積極的に自分を売り込んでください。このポッドキャストならではの特徴は何ですか。リスナーが自分の番組を聴くメリットは何でしょうか。他のポッドキャストではなくこのポッドキャストを聴くとよいのはなぜですか。このような質問の答えを考えることで、トレーラーに含めるコンテンツを絞り込み、自分のポッドキャストで一番魅力的な部分に焦点を当てやすくなります。

CTA (行動喚起) を含める。

トレーラーの最大の目的は、ポッドキャストを宣伝することです。そのため、トレーラーを聴いた後にしてほしいこと (「自分の番組を聴いて!」) を明確に伝えてください。聴き始めるのにぴったりなエピソードがあれば、そのエピソードに誘導しましょう。Spotifyでフォローしてもらったり、番組を配信している各種プラットフォームに登録してもらったりすることができます。トレーラーを聴いた後にしてほしい行動が何であれ、それを明確に伝えるようにしてください。

トレーラー動画を作成する

Anchorを使ってトレーラーを録音すると、それが自動的にテキスト変換され、ポッドキャストの宣伝に使える美しいアニメーション動画が生成されます。その動画を自分のウェブサイトに埋め込んだりソーシャルメディアに投稿したりして、世界中の人とシェアしましょう。未来のリスナーは思いがけないところで見つかるものです。


自分のポッドキャストが成長し、後でトレーラーを変更したくなった場合など、いつでも再録音できるのも便利です。


ポッドキャストのオーディエンスを増やすため、今すぐAnchorアプリを開いてトレーラーを録音しましょう。トレーラーに関するヒントをさらに探している方のために、素晴らしい例をいくつか集めました。こちらもぜひチェックしてください。

トレーラーに関してさらにサポートが必要な場合は、Anchorのヘルプページをご覧ください。

トライしてみたくなりましたか?

ポッドキャストを制作

さらに詳しく: 制作する